カシメ、リベット加工

カシメ打ち、リベット打ち加工

 

ふと思い立ってカシメ打ちをする。

これふぞく屋ならではの醍醐味ってやつです。

 

持ち時間30分でカシメ打ちをしてみよう!

取り出したるはどこかで買った帽子素材。

 

カシメをバンバン打ち込みましょう。

こちらはツバ部分でも打てるように脚が長いものを使用しております。

先にツバを穴あけしてからのハンドプレスを使ってカシメを打ち込みます。

 

カシメとハトメをセット!

カラーはASL(アンティックシルバー)、AG(アンティックゴールド)、HBK(黒ニッケル)を使用しています。

両サイドで見た目を変えて

カシメは無地と柄の入った物2種類です。

ロバスト部分に取り外し出来るようにドットボタンのバネ という部分に丸カンを通して

チェーンをサイズ図って2連で付けてみました。

※普段はこのやり方はしません。

通常は両サイドに丸カンを縫い付けてチェーンはフックでかけるようにします。あくまで遊びです。

チェーンのカラーは AS(アンティックシルバー)とAG(アンティックゴールド)です。

カシメ打ち

カシメ打ち

★出来上がり★

 

所要時間30分で一から加工だけやってみました。

ロックな感じの帽子になりました♪

加工のご依頼など色々受けておりますのでお気軽にどうぞ!

 

チェーン飾りや帽子やバッグから洋服などのカシメ ハトメの加工ならふぞく屋 ミラノまで

 

 

 

Follow me!

前の記事

パールのスタッズ